SEOの未来:Semaltからの洞察

検索アルゴリズムが時々刻々と変化するオンラインマーケティング分野には、多くのトレンドが影響しています。したがって、マーケティング担当者は、検索エンジン最適化(SEO)が今後10年間も引き続き関連するかどうか疑問に思っています。過去数年間、デジタルマーケティング担当者は、キーワードとリンク構築に依存して、オンラインプラットフォームを通じてコンテンツをマーケティングしていました。今日、マーケティング担当者はSEOと検索エンジンだけに頼って、トラフィックを増やし、コンバージョンを増やし、販売数を増やしています。

検索マーケティング担当者はSEO戦略を変更し、Googleはアルゴリズムを変更しますが、SEOは決して死ぬことはありません。 Googleのアルゴリズムの変更により、SEOは変化しています。検索エンジン最適化では、レーサーが互いに競争するレースと同じように、クライアントは互いに対抗しますが、勝つのは1つだけです。

Semalt Digital ServicesのカスタマーサクセスマネージャーであるRyan Johnsonが、SEOの変革を促進している要因とその将来について説明します。

SEOの誕生とGoogleの初期段階

Googleは最初に、多くの要因に基づいて結果を与える自己駆動型エンジンとして設立されました。デジタルマーケティング担当者は、ランキングアルゴリズムの導入後にGoogleの使用を開始しました。これに伴い、SEOはインターネットのチートとしてデビューしましたが、マーケティング戦略としてはデビューしていません。

詐欺師はコンテンツ内のキーワードを可能な限り何度も繰り返すことでこの手法を利用したため、操作アルゴリズムがランキングアルゴリズムに含まれていました。 Googleによるアルゴリズムの更新と改訂のコードの導入は、詐欺師たちに追いついて、慣習を続けることができなくなりました。

2003年に、Googleは信頼できるインバウンドリンクを導入しました。これは、Webからのコンテンツを複製し、キーワードをコンテキスト外で膨大な回数繰り返すサイトを追跡してペナルティを課すのに役立ちます。

SEOとGoogleの現状

Googleによって提案されたより複雑なアルゴリズムにより、2010年までにSEOは安定点に達しました。しかし、2011年にパンダの更新が開始され、2012年にペンギンの更新が開始されたため、SEOは再び入れ替わりを経験しました。 -コンテンツを詰め込み、サイトのランクを上げるために複製された素材。一方、ペンギンのアップデートでは、ランキングの向上を唯一の目的として投稿されたリンクにペナルティを課すメカニズムが導入されました。

最近、Googleはサイトのランキング、ソーシャルメディアプラットフォームの信号、SSL暗号化を決定する要素を導入しました。高いランキングを達成するには、クライアントは高品質のコンテンツとインバウンドリンクプロファイルに取り組む必要があります。すべてのGoogleアルゴリズムアップデートの主な目的は、信頼できる結果を生成することです。

オンラインビジネスにおけるSEOの未来

SEOは、チートコードと見なされていた過去と比較してアップグレードされました。 SEOの未来は、Googleの開発と密接に関連しています。現在、Googleはユーザーに役立つ関連情報の提供に取り組んでいます。 SEOの存続も、マーケティング担当者がユーザーに関連情報を提供しなければならないというGoogleの大意に向かってシフトする必要があります。

多くの憶測がSEOの死をめぐって展開しています。将来的には、SEOは、バックリンクやキーワードに焦点を当てるのではなく、ユーザーに記憶に残る価値のある体験を提供することに焦点を当てます。検索アルゴリズムに常に変更が適用されるようになるとすぐに、SEO戦略の改善を続けます。